腸内フローラを改善しよう

腸内フローラとは

腸内イメージ

人間の腸内にはおよそ1000種類にも及ぶ100兆個もの細菌が生息し、腸内細菌叢とよばれますが、その有様をお花畑に例えて腸内フローラとも言います。

善玉菌と悪玉菌

腸内フローラには大多数を占める大腸菌以外に、体に良いとされる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、体に悪いクロストリジウムやブドウ球菌などの悪玉菌もいて、限られたスペースで様々な菌がお互いにしのぎを削って陣取り合戦をしています。こうしたせめぎあいの中で、もし悪玉菌が優勢になると、肥満、糖尿病、大腸がん、動脈硬化症、炎症性腸疾患(※)などのリスクを高めます。一方善玉菌は悪玉菌を抑制するだけでなく、食中毒菌の侵入を抑えたり、免疫機能を改善したり、ビタミンなど体に良い様々な物質を造り出します。

善玉菌を増やすには

各自の腸内フローラは個人差があり、また一生を通じて一定のバランスを保つ性質がありますが、ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維を心掛けて摂っている間、良いバランスにシフトさせる事ができます。
しかし脂質やたんぱく質に偏った食事やストレスなどが続いたり、抗生剤を服用したときなどには悪いバランスに傾きやすくなります。

(厚生労働省 e‐ヘルスネットなどを参照しました。)

腸内フローラ検査

あなたの腸内細菌叢を詳しく調べる事で、上記のような疾患(※)の個別のリスクを5段階で判定し、適切な指導を受けることができます。
関心のある方には、以下のサイトをお勧めしています。

株式会社サイキンソー「Mykinso」について(外部サイト)

申し込みを希望される方は、当院でお申し込みください。

腸内フローラ検査でわかること

  • 腸内フローラ判定(多様性、短鎖脂肪酸、腸管免疫、口腔常在菌)
  • 大腸画像検査おすすめ度
  • 健康長寿菌判定
  • 腸内フローラの構成
  • ダイエットや美容に関すること(太りやすさ、やせ菌、エクオール産生菌)
  • 生活習慣の改善ポイント

検査結果は、次のようなレポートでお届けします。

検査結果のサンプル

腸内フローラ検査の方法

腸内フローラ検査の流れ

  • STEP.01
    アンケート・同意書記入
  • STEP.02
    採便
  • STEP.03
    ポスト投函
  • STEP.04検査結果解説

検査結果の解説について

検査結果は医師による結果解説と、管理栄養士による具体的なアドバイスや相談を受けることができます。
結果説明は予約制です。
電話でお問い合わせ下さい。(郵送のみも可能です)