訪問リハビリテーションのご案内

当院では、外来・入院・デイケアの方のための院内リハビリテーションの他に訪問リハビリテーションも行なっております。

訪問リハビリテーションでは、家庭に直接理学療法士が訪問し、身体の各部の機能エクササイズだけでなく、買い物に行くための屋外歩行訓練、トイレ動作・入浴動作といった日常生活に直結したリハビリテーションを実施しています。

現在このようなケースの方々が利用されています。

  1. 病院を退院するも脳卒中後遺症・大腿骨頸部骨折後遺症等があり、自宅でのADL・QOL向上を図りたいと思われている方。
  2. 一人暮らしを継続して行くために身体能力チェック及び身体能力維持を図たい方
  3. おむつ交換・更衣等の日常介護負担の増大予防を目的とした関節拘縮予防が必要な方
  4. 生活不活発病進行を予防したいデイケア参加には消極的な方。
    ※訪問リハビリは1ヶ月のみの利用も可能です。病院内で加療・リハビリテーションを受けるもADL能力・歩行能力に不安を抱かえたまま退院してしまうケースがあります。これらの方々に対して集中的なリハビリテーション(必要に応じて福祉用具の導入)を実施することで自宅でのQOLを早期に向上して行くことが可能です。
    *QOL=Quality Of Life(生活の質)
    *ADL=Activity Of Daily(日常生活動作・活動)

デイケア(通所リハビリテーション)・訪問リハビリテーションの違い

訪問リハビリテーション デイケア
  • 生活場面に即したリハビリが可能
  • 本人のみならず家族の訴えも聞き取りやすく、その思いをリハビリに反映しやすい
  • 的確な福祉用具を導入・自助具作成を検討しやすい
  • 集団での活動(デイケア)に消極的な方でもリハビリが可能
  • 他者との交流などの外的刺激が多いため精神面に好影響を与えやすい
  • 在宅と異なりリハビリ以外での活動時間・離床時間が長いため身体機能が必然的に向上する
  • 介護者に時間的余裕が生まれる

維持期でなおかつ集団での活動が可能な方は、離床時間拡大による身体機能向上・他者との社会的交流による精神面での影響・介助者にとっての介護負担軽減及び時間的余裕が生まれるといった面でデイケア利用がお勧めです。

現在、生活不活発病に伴い外出へのモチベーションも低下しているため訪問リハビリによる活動向上(及びモチベーション向上)を図った後、デイケア利用につなげるといった目標を揚げているケースもあります。

申し込み方法

医療法人社団健生会 いそだ病院 河野 功
TEL:084-922-3346 までご連絡下さい